It's my Hatena Blog

観た物、食べた物などについてー備忘録的ブログ

I respect Chris Martin

もう2,3日前の話しになりますが、coldplay(コールド・プレイ)のニュースが出ていてとても印象に残りました。

ロンドンで行われた学習障害をサポートするチャリティ・イベントに出演したコールドプレイが、あるファンのタンバリンの伴奏に耐えられず演奏を中断する事態が起きた。
コールドプレイが「The Scientist」を演奏していたところ、クリス・マーティンが歌を歌うのを突然やめ、ファンに声をかけた。
「無礼な態度を取るつもりはないが、これはタンバリンを使うような曲じゃないんだ。正直言うと、この曲のレコーディング時にはタンバリンも試したけどボツになった。だからタンバリンなしで10年以上演奏をしてきた。合うかもしれないけど、僕はタンバリンなしに慣れてしまっている。悪く思わないでほしい」とステージからファンにやめてくれるよう呼びかけた。

タンバリンを振っていたのは女性だったとのこと。ここから君がどんな人かは見えないけど、とても素敵な人で、いい音を出していると思う。別にタンバリンが嫌いとかアンチ・タンバリンを訴えようとしているわけじゃない。タンバリンは僕のお気に入りの楽器のひとつだとクリスは彼女の気持ちを傷つけないよう、優しくタンバリンの伴奏をやめてくれとお願いしたあと、「次の曲はタンバリンにばっちりの曲だから、思いっきり盛り上がってくれと付け加えたという

Yahooのニュースを見て知ったんですが、これを読んでクリスが実際にどんな言葉を使ってこの『タンバリン女』に語りかけたのかがちょっと気になった(笑)

以下に英The Sunの記事です。
Chris said: "This is not a tambourine song — I don't mean to be rude.
Let me be honest with you, we tried tambourine on the recording and had to scrap it — so we have been playing it for ten years with no tambourine.
It probably sounds great, but I'm just used to it without tambourine. Don't take it personally.
I can't see what you look like, but you look lovely and sound fantastic. Don't take this to be some kind of anti-tambourine rally or rant against the tambourine. It's one of my favourite instruments.
I promise the next song is a tambourine frenzy, you can go crazy."

なんとも、クリスらしい、柔かな表現じゃないですか♡
優しい表現で注意しながら、相手を気づ付けまいとしてとても慎重に言葉を選び思いやっている優しいクリスの笑顔が思い浮かびます♡♡♡
ますます、好きになりました(*^^)v

この「The Scientist」という曲は、とても静かな曲で、クリスのボーカルをじっくり聴きたいような曲なんです。
そもそもこの曲じゃなくても、確かにコールド・プレイはタンバリンを使用しないし。
そうでなくても、自分でタンバリンを持参して一人だけガンガン振りまくるなんてあり得ないですよね…。
クリスの取った行動はとてもrespect出来ると思います。

A Rush of Blood to the Head
「A Rush of Blood to the Head」
コールドプレイの名盤。(問題の曲も入っています)

Mylo Xyloto

Mylo Xyloto



Remove all ads