Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

It's my Hatena Blog

観た物、食べた物などについてー備忘録的ブログ

ノエル・ギャラガー!!

「Noel Gallagher’s High Flying Birds」@東京ドームシティーホール


(photo by me)

愛する"ノエル・ギャラガー"のギグ2日間はもう夢のような時間でした。

オアシスの時はこんな小さな会場でのギグはあり得なかったので(といってもココも3000人超収容らしいですが)、こんなに間近(そんなに間近でもないですが(・・;))にノエルを感じられるなんてなんとラッキーなギグなんだろう?!と初日からテンション上げ上げでした。
またライブハウスってのもイイ。距離感がいい。ココの音響システムもすごく良かったし。こんな会場でやることはもう今後ないと思うし。次は武道館が決まった訳だし。その次は、もっとビッグなスタジアム級の会場になっていくんでしょうね。そういった意味でも本当に貴重な2日間のギグだった。

なんだろ、正直、オアシスの時とはまた違った、もっと遙かに大きな盛り上がりとビックな感動だった。
ノエルのギターと歌が心にサイコーにガンガン伝わってきた。アコギもエレキもどちらもいいし、声の伸びも素晴らしい。
決して派手な演出などはないんだけど、そんなのが無くても、彼の曲と歌とギターがここにあるだけで、しびれるほどカッコいい。
こんな良質なギグを見せてくれるなんて、この人はやっぱりサイコーのシンガー・ソングライターでパフォーマーだと思った。
間違いなく現在の英国No.1のシンガーソングライターではないか。
素晴らしい。
こんなギグは初めてだ。

オアシスの時はほぼ一切なかったけど、ノエルはよく観客と話す。ちょっぴり皮肉っぽいノエル独特のユーモアもすごくあったかい。いい。なんてフレンドリーな人なんだ♡ヤバい。
日本のファンの心もしかと鷲掴みだ。
"Special song for Japanese fans ONLY."と言って歌ったのは、"日本人がなぜかこの曲でめちゃくちゃ盛り上がるんだ"、と以前言っていた"Whatever"。やってくれるは〜ホントこの人。
そしてノエルが歌いあげる、"Wonderwall","Supersonic"のoasisナンバー。アコースティック・バージョンがめちゃくちゃカッコイイ。しっとりと、じっくり伸びのある声で聴かせてくれる。半端ないですコレは、上手い。ハートにグッとささってくる…。やっぱりノエルが作った曲、本人が歌うのがベストなんだろうか。もちろんリアムのも良かったが…。
全曲がノエル自身の曲なので、oasisとHigh Flying Birdsが入り混じっていても何の違和感もなく流れてくれる。


最後に歌ってくれたのは、そうあの、ほんとに、あの、『Don't Look Back In Anger』…これほどの名曲は他にはありますか?!(←などと大きく出てしまった、笑)
これで満場、大大大合唱!
そしてサビのアノ部分。ノエルがマイクから2,3歩下がった…これはまるで、"Here you go"『さあ歌ってくれ』、とでも言っているかのよう…Fucking groovy!
ノエルはファンの大合唱ぶりを時折バルコニー席を眩しげに見上げたりとても満足げな様子で…。
あなたマジでカッコよすぎますって!!
この曲の後、震えが止まらないほどの感激を体験。こんなfeelingは初めて。
2日目一緒に行ったmiya☆さんは号泣…(バラシてゴメンネ!)でもマジ、号泣者多数だったみたいです!
本当に本当に、本当に素晴らしかった!
男子が『アニキー!!サイコー!!』と叫ぶ気持ち、ホント分かる!!

初のソロでのギグ。想像を遙かに絶する余裕の貫録で魅せるサイコーのギグだった。
このギグを見て思った。ノエルはオアシスを脱退して正解だったのではないか?



感動が覚めませんが…気が抜けちゃった…。
5月の武道館チケットも絶対ゲットするぞぉー!
ノエルサイコー!
I'm madly in love with you!

今日の動画
もちろんこの1曲!Noel Gallagher "Don't Look Back In Anger"
東京公演のではありませんが、ほんとどこに行ってもこの曲は盛り上がるんですね。
ファッキング・ブラボー!!

Remove all ads