Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

It's my Hatena Blog

観た物、食べた物などについてー備忘録的ブログ

「Take This Walts」

映画

ミシェル・ウィリアムズ主演『テイク・ディス・ワルツ』観にいきました。彼女の映画はこれまでに「ランド・オブ・プレンティ」「ブロークバック・マウンテン」「彼が二度愛したS」「脳内ニューヨーク」「ブルーバレンタイン」等いろいろ観てますが、どれも素晴しくて、同じ人が演じてるとは思えないくらい…実力派のすてきな女優さんです。「マリリン7日間の恋」はまだ観てませんでした…。

さて「テイク・ディス・ワルツ」ですが、監督・脚本・制作はあの単館上映系映画としては大ヒットだった「死ぬまでにしたい10のこと」、「あなたになら言える秘密のこと」に主演していた“女優”サラ・ポーリーだというではないですか。彼女はいまカナダのインディペンデント映画界でもっとも注目される新進監督だそう。


映画冒頭。綺麗な映像と寂しげな音楽…しょっぱなから何かしら“虚しさ”が漂ってきます…

 


仕事で訪れた旅先で偶然出会ったマーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)と情熱的な男性ダニエル(ルーク・カービー)。飛行機で隣合わせだったり、その上ふたりは家がはす向かいの隣人同士だったり…度重なる偶然の連続…。
そして恋の予感…?

マーゴ:I'm married.

ダニエル:That's too bad.


いつも家でチキン料理を作っている、チキン料理専門レシピ本作家の優しい夫ルー(セス・ローゲン)。

結婚5年目になる夫ルーとの仲は決して悪くない。仲むつまじく過ごすのだが…


しかし結婚5年目。明らかに倦怠の色が見え隠れ…。トイレで用を足しているマーゴの横でも何食わぬ顔で歯磨きをする夫。
時々訳もなくむしょうに泣きたくなるマーゴ。


そして、向かいに住む独身で情熱的なダニエルが気になる微妙な人妻心…


結婚記念日を祝うマーゴとルー。一見幸せそうなんだけど、会話はないし…
毎日一緒にいてお互いを知り尽くしているのに会話をするための会話なんて無意味だというルー。
そんな夫との生活に虚しさが一気に込み上げてくるマーゴ…


情熱的なダニエルを徐々に好きになっていく自分がいる。でも夫ルーを傷つけられない…
でも徐々に徐々にルーに対する罪悪感も薄れている…
そんな人妻の心の葛藤と変化をミシェル・ウィリアムズが巧みに演じ語りかけてきます。

内容的には重い分類の映画なのに、何故か観終わった後の不思議な満足感はなんでしょうか。またすぐにでももう一度観直したくなる不思議な感情が湧いてきます。
ミシェル・ウィリアムズのロマンスの場面以外でのいきなりの全裸に驚いたり、これでもう終わりかな、ってところからまたストーリーが展開していったり…。

全体の映像、衣装やそれぞれの家のインテリアなどもすごくきれい、音楽もいいです。派手さはないけど、映像や会話などからも日常のもの足りなさ空虚がヒシヒシ伝わってきます。


実力派女優ミシェル・ウィリアムズはもちろん、「40歳の童貞男」あたりからブレイクしたコメディ系俳優セス・ローゲン、まだあまり知られていないルーク・カービーの主要俳優陣3人がすばらしくて、虚しさの中にもユーモアがあり…好きな映画の1本になりました。



テイク・ディス・ワルツ

親友で夫の姉がマーゴに放った言葉
             〜『人生なんかどこかもの足りないものなのよ』〜

結婚生活や人生って、やっぱりそんなもんなんだなぁ…とつくづく納得する自分がいました。


彼が二度愛したS [DVD]
「彼女が二度愛したS」
ミシェルW&ユアン・マクレガーヒュー・ジャックマン共演。
あやしい影のある女性“S”を演じた作品。

死ぬまでにしたい10のこと [DVD]
死ぬまでにしたい10のこと
好きです、この映画。

Remove all ads