It's my Hatena Blog

観た物、食べた物などについてー備忘録的ブログ

「トランスアメリカ」

雨だったので家で映画を観ました。ずっと気になっていた映画、「トランスアメリカ」(制作:2005年アメリカ)。


長い間、性同一性障害に悩まされ続け性転換手術をやっと一週間後に控えていたブリーの元に、ニューヨークから一本の電話があった。
相手はトビーという17歳の少年で拘置所におり、「自分の父親スタンレーと話がしたい」という。しかし、スタンレーとはブリーの以前の名前で、現在はブリーという女性の名前を偽っていた。自分に息子がいるとは知らなかったブリーだが、トビーの保釈のため、仕方なくニューヨークに向かう。
そうして対面した二人だったが…ブリーは実の息子であるトビーに自分が父親であることを隠したまま、二人はひょんなことからポンコツ車でアメリカ大陸横断 (トランスアメリカ) の旅に出ることになるのだった…。




映画の冒頭、主人公“ブリー”の低い声のナレーションと共に、女性になり切れていない男性?…の身支度姿が映し出されます。
実は冒頭では全く気が付かなかったんですが…
あれぇ?!?このひと!!!




ほどなくして気が付きました!
主人公でゲイの“ブリー”役を演じたのは、『デスパレートな妻たち』の“リネット・スカーボ”役でお馴染みの普段はきれいな女優さんフェリシティ・ハフマンでした!
すごい、メイクも髪型もなんとなくオカマさんぽく見えます!声も変えています。しかしよくよく聞くと確かにそれは彼女の声で、男性ぽく?ゲイっぽく変えているので一瞬気が付かなかったです。すごい!

この映画で、彼女はアカデミー主演女優賞にノミネートされたようなんですが、納得の迫真の演技です(惜しくも受賞は逃したようですが)。
こういう役をやるってことは、このひと実生活でももしかしてゲイ?と思わなくもないですが(え、思いません?)、夫は相当有名な俳優さんです(笑)

監督は無名の人らしいですが、この映画は、かなり良かったです。




トランスアメリカ [DVD]

トランスアメリカ [DVD]

Remove all ads